北海道・東北エリア

全北海道広告協会

最近の主な行事

第55回全北海道広告協会賞の作品応募をお待ちしています。

昭和36年に第1回を制定発足以来、今回で55回目を迎える全北海道広告協会賞は、新聞・ラジオ・テレビ・ポスター・キャンペーンSP・WEBの各分野を通じて審査表彰を行う北海道で唯一の賞です。4月8日から17日まで前年度に展開した広告作品の応募を受け付けております。

会長 岩田 圭剛 札幌商工会議所会頭
理事長 広瀬 兼三 (株)北海道新聞社代表取締役社長
設立 昭和30年4月
住所 〒060-8545 札幌市中央区大通西5丁目11-1
TEL/FAX 011-214-5019/011-214-5116
会員社数 104社 会員数 190名(平成29年8月現在)
E-mail hac@bird.ocn.ne.jp
概要 全北海道広告協会は、 1955年(昭和30年)4月、札幌に設立。北海道の広告文化の普及向上を図り、産業経済の発展に寄与することを目的に、以来、56回を迎える広告協会賞や各種セミナー、懇親会などを開催している。
主な事業

青森広告協会 最近の主な行事
NEW

最近の主な行事

6年ぶりに秋の研修会を開催

青森広告協会は、平成27年10月29日に、平成28年度中の完成を目指して工事現場を見られる機会も残りわずかな「津軽ダム」の見学をメインに、「弘前城菊と紅葉まつり」「曳屋中の本丸」を見学する秋の研修会を6年ぶりに開催しました。 参加者は14名と少数でしたが、「ブナの里白神館」での昼食・温泉入浴もあり、忙しい時期に気分一新、楽しい研修会となりました。

会長 若井 敬一郎 青森商工会議所会頭
理事長 塩越 隆雄 (株)東奥日報社代表取締役社長
設立 昭和46年10月13日
住所 〒030-0180 青森市第二問屋町3-1-89 (株)東奥日報社内
TEL/FAX 017-739-1184/017-729-2358
会員社数 74社 会員数 105名(平成29年8月現在)
URL
概要 青森広告協会は、地域の産業と経済の発展、将来性と地域住民の福祉向上に広告情報活用の機運が高まった昭和46年に誕生しました。地元の有力広告主・媒体・広告会社・商工会議所関係者等が相集い、青森市を起点に弘前市、八戸市に拡大を図る方針で50名の有志により設立総会が開催されました。同時に27番目の全広連加盟を決議し、本州北端の広告協会として全国広告界の発展の一翼を担い今日に至っています。また、平成25年5月には、全日本広告連盟青森大会を全広連創立60周年記念大会として開催し、全国から1,100名の参加をいただきました。
主な事業 ●全広連大会参加(5月) ●定時総会・時局講演会・懇親会開催(7月) ●会員親睦イカ釣大会(7月) ●秋の研修イベント(11月) ●春の講演会(2月)

岩手広告協会 最近の主な行事

最近の主な行事

岩手広告協会が節分祈願祭

岩手広告協会の節分祈願祭は2月2日、盛岡市のホテル東日本で行われ、会員約50人が出席した。祈願祭には役員11人が裃(かみしも)姿で登場。神事に続き、「福は内」のかけ声とともに、勢いよく豆をまき、景気回復と社業発展を願った。
新春講演会では三陸鉄道の望月正彦社長が「三陸鉄道 復旧・復興の取り組み」と題して講演した。2011年3月11日の東日本大震災発生から5日後の3月16日に一部路線で運転を再開し被災住民の支えとなったことや、クエートの資金援助による新車両導入、昨年4月6日の全線開通などを説明。望月社長は「三陸鉄道の使命は地域住民の足になることと、地域の活性化・産業振興に貢献すること。今後も地域の復興とともに歩んでいきたい」と強調した。

会長 東根 千万億 (株)岩手日報社代表取締役社長
理事長 西舘 政美 (株)岩手日報社取締役広告事業局長
設立 昭和44年3月
住所 〒020-8622 岩手県盛岡市内丸3-7
TEL/FAX 019-653-4111/019-622-1691
会員社数 61社 会員数 83名(平成29年8月現在)
URL
概要 岩手広告協会は、広告文化の向上、産業経済の発展、会員福祉の増進を目指し、1969(昭和44)年3月に設立。同年4月の第17回全広連金沢大会で全国21番目の加盟広告協会として正式に承認された。主な事業は、協会設立と同時に制定し実施している岩手広告賞・岩手広告美術展、各種セミナー・講演会、節分祈願祭など行っている。
主な事業 1月 岩手広告賞・岩手広告美術展作品募集/2月 節分祈願祭、講演会/3月~6月 岩手広告賞・岩手広告美術展作品展/7月 岩手広告協会 総会、岩手広告賞・岩手広告美術展表彰式/10月 講演会

仙台広告協会

会長 藤﨑 三郎助 (株)藤崎代表取締役社長
理事長 一力 雅彦 (株)河北新報社代表取締役社長
設立 昭和30年11月21日
住所 〒980-0022 仙台市青葉区五橋1-2-28 河北新報社内
TEL/FAX 022-211-1324/022-227-0923
会員社数 104社 会員数 169名(平成29年8月現在)
URL
概要 仙台広告協会は、全日本広告連盟結成から2年目、東北各地のトップを切り全国で8番目の協会として、昭和30年11月21日に設立。テレビ、ラジオの電波媒体が次々に誕生、地方でも広告メディアの大革新時代に入った頃で、大都市偏在といわれた広告文化を地方でも「育成しつつ発展向上させよう」を合言葉に、地元広告人が地道に地域広告界の発展に努め今日に至っている。
主な事業 定時総会(仙台広告賞表彰式)/懇親ゴルフ会/研修旅行会/臨時総会/新春講演会
2016年5月全日本広告連盟仙台大会開催

秋田広告協会

会長 小笠原 直樹 秋田魁新報社代表取締役社長
理事長 船木 保美 秋田魁新報社常務取締役
設立 昭和43年4月17日
住所 〒010-8601 秋田市山王臨海町1-1 秋田魁新報社内
TEL/FAX 018-888-1862/018-863-1681
会員社数 54社 会員数 90名(平成29年8月現在)
URL
概要 毎年、春に開催する総会で秋田広告協会賞の贈賞を実施し(6部門)、企業・団体の広告宣伝活動の重要性をアピールしている。他団体との協力による講演会開催も恒例化。現在は開催が内定した平成30年度の全広連大会に向けて鋭意準備を進めている。
主な事業 秋田広告協会賞の贈賞、講演会開催、会員相互の親睦を図る懇親会開催など。2014年度は「全広連夏期広告大学」を開催した。

山形広告協会最近の主な行事

最近の主な行事

平成26年度山形広告セミナー開催

山形広告協会(会長黒澤洋介山形新聞社会長)の平成26年度「山形広告セミナー」が全日本広告連盟の協力のもと2月20日に山形市内の山形商工会議所会館で開催された。第1講は、電通アカウントマネージメント局の伊藤公一氏が『心に届く広告の作り方』と題して、現代の消費者心理を分析し、「正直な広告でなければ届かない不都合な事実も隠さず、本質を語ることがお客さまの信頼獲得につながる」と話した。心に響く広告を作るには「不特定多数に漫然と」ではなく、常に具体的な誰かを想定することが重要なポイントなどと紹介した。
第2講は、同社ビジネス・クリエーション・センターの廣田周作氏が『ファンを大事にするマーケティング』と題して、大手飲料会社の新たなインターネットでの戦略を紹介。不特定多数のファンも大切だが、熱狂的なファン一個人に対してのアプローチがビッグウェーブを作り出す時代が始まっていることを紹介した。
会場には、会員企業の社員や一般申し込みの方合わせて約80人が参加した。

会長 寒河江 浩二 (株)山形新聞社代表取締役社長
理事長 大場 昭悦 (株)山形新聞社広告局長
設立 昭和31年7月25日
住所 〒990-8550 山形市旅篭町2丁目5番12号 山形メディアタワー
TEL/FAX 023-622-5271/023-627-1041
会員社数 56社 会員数 65名(平成29年8月現在)
URL
概要 山形広告協会は、昭和31年7月25日に設立総会を開催、全広連加盟10番目の広告協会として山形広告協会がここに誕生しました。以来、協会事業として年に一度の山形広告賞(今年度で6回目)や山形広告セミナーを開催、地域広告界の発展に寄与してまいりました。平成6年5月山形市民会館を主会場に「こころを見つめる自然は”みちのく”にあります」を大会テーマとして第42回全広連山形大会を開催、参加者数約1,000名を数えた。
主な事業 ●山形広告賞(前年1月~12月に作成された、広告・新聞、雑誌、ポスター、テレビCM、ラジオCMを会員から募集し、最優秀賞・優秀賞を選考する)
●山形広告セミナー(年度に1回10月~2月の間に全広連の協力により、講師を招き、会員社および一般の方、学生の参加により実施する)

福島広告協会 最近の主な行事

最近の主な行事

農業の風評払拭に向けた講演会

当協会は2015年3月12日、福島市内で農業の風評払拭をテーマに講演会を開催した。須賀川市で(株)阿部農縁を経営する寺山佐智子社長が「震災がくれた贈り物」と題し講演。寺山さんは、看護師・ケアマネージャーから実家が営む果樹農園に就農。東日本大震災発災後、様々な困難にぶつかりながらも、人々との出会い・絆を大切に、農産物の生産~加工~販売まで展開する6次化に取り組んでいることを紹介した。参加者約40名は、寺山さんの農業に懸ける熱い思いに聞き入っていた。

会長 高橋 雅行 (株)福島民報社代表取締役社長
理事長 高橋 雅行 (株)福島民報社代表取締役社長
設立 昭和40年4月
住所 〒963-8005 福島県郡山市清水台2-13-23 郡山第一ビル10F(株式会社電通東日本福島営業所内)
TEL/FAX 024-923-5606/024-933-0346
会員社数 41社 会員数 84名(平成29年8月現在)
URL
概要 福島広告協会は、1965年(昭和40年)4月24日に広告主企業・媒体社・広告会社の44社が参加し設立された。会の目的として、(1)広告宣伝の調査研究、(2)広告知識の普及と広告技術の向上をはかる事業、(3)内外の広告文化団体との連絡協調、(4)広告に関する共同利益のための事業、(5)会員の親睦交歓などに関する事業を掲げ、以来、福島県内の広告文化の普及向上と県産業経済の発展のため活動を行っている。2015年(平成27年)で50周年を迎えた。
主な事業 ・親睦ゴルフ会
・ACC全日本CMフェスティバル試写会
・講演会 など